うつる図工室

カスタマイズフィギュア、1/6ドール等のカスタムと周辺小物がメイン。※カスタム中は頭部のみ等の画像があります。ドールアイが苦手な方もご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

| スポンサー広告 | コメント× | トラックバック× | TOP↑

かすたま 組み立て:DMユニットVer.2・ドリル不要ver.

カスタマイズフィギュア8月の新商品から、組み立てにドリルが不要になり、DMユニットVer.2になって今までよりも組み立てが簡単に。関節の保持力については前の方が良かったような、そんな事もないような。

■必要な道具
ニッパーデザインナイフ(カッターで可)、ペーパーやすり(#320~#1200あたり)、スポンジペーパー(なくても可)。あと、瞬間接着剤と、ドリル3.5mmが必要な場合もあるかも。

■フィギュアベース・長身男の子組み立て
長身男の子 誤植健在
まずはパーツチェック。腕、脚は右(R)左(L)が書いてあるので全部揃っているかチェック。万一足りないパーツや不良があったら「お前」などを書いてパーツ請求です。説明書も新しくなったのに誤植は直ってない。

■ゲート処理・パーティングライン消し
手順1
(写真上段)今まで両肩にあった湯口が首に変わった。他の部分も多少ゲート処理がしやすくなった感じです。パーツの洗浄は中性洗剤または中性洗剤+クレンザーなどで。
(写真下段)湯口をニッパーで落とし、やすりを掛けて整えます。 ※詳しい工程は「かすたま 組み立て:旧DMユニット・要ドリルver. 前編」へ。

■関節に使うDMユニットの組み立て
手順2
(写真上段)Ver.2のDMユニットは、パイプ状パーツに「スリット」、DMユニットの腕部分に「プロップ(ロック機能の為の突起)」ができて関節が抜けにくい仕様になりました。パイプとユニットの腕は以前より短いです。軸穴は以前より大きくなっているのでドリルで拡げる手間はありません。
(写真下段)通常の組み立てには使わないパーツも付いているので、説明書を良く見ながら必要なパーツのみをニッパーでランナーから切り取り組み立てます。突き出た軸は、やすりやナイフで削り整えると見目良くなります。

■組み立て
手順3
(写真上段)新しい説明書の通りにパイプ状パーツを埋め込み、そこへパイプのスリットとプロップの位置を合わせてDMユニットを挿し込み、DMユニットのみを回転させてロック。こうする事で抜けにくくなるはずなのですが、肝心のパイプ状パーツごと抜けてしまいました。
(写真下段)なので、パイプ状パーツの外側にほんの少し瞬間接着剤を付けて埋め込み、DMユニットを抜いてもパイプ状パーツは中に残る様に固定。パイプ状パーツとDMユニットがくっついてしまわない様注意。今までの関節補強の時と同じ様にDMユニット側にパイプを挿し込んでから穴に埋め込む方がやりやすいです。

手順4
上記の要領で全て組み立てましたが、脛側の足首の穴が浅くてきちんとはまりませんでした。両足とも。穴を深くするか、DMユニットの腕を短くするかなのですが、DMユニットの腕は今までより短いのでさらに短くすると強度が心配。仕方なく3.5mmのドリルで穴を深くしました。ドリルがない場合はDMユニットの腕をニッパーなどで少し切って短く。

ともあれ、完成。フィギュアベースなのでヘッドは付属していません。
長身男の子素組み

以下、服を着せていないままの写真。
首なしではなんなので、同じ日に発売されたヘッド・まじめくんを乗せました。

長身男の子素組み2
長身男の子&男の子 ヘッド・まじめくん&きままくん
なんていうか、その、削りたくなる感じ。
(左)フィギュアベース・長身男の子+ヘッド・まじめくん
(右)フィギュアベース・男の子+ヘッド・きままくん


新ヘッドの組み換え等はまたいずれ。(コチラ→かすたま 男の子ヘッドパーツと組み換え一覧


[ボークス カスタマイズフィギュア] [かすたま] [VOLKS Customize Figure] [CF] web拍手

| かすたま-組み立て&パーツ | コメント× | トラックバック× | TOP↑



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。