うつる図工室

カスタマイズフィギュア、1/6ドール等のカスタムと周辺小物がメイン。※カスタム中は頭部のみ等の画像があります。ドールアイが苦手な方もご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

| スポンサー広告 | コメント× | トラックバック× | TOP↑

かすたま 組み立て:旧DMユニット・要ドリルver. 後編

カスタマイズフィギュア組み立て説明後編です。

■関節に使うDMユニットの組み立て
手順5
(写真上段)通常の組み立てでは使わないパーツも付いているので、説明書を良く見て必要なパーツのみをニッパーでランナーから切り離します。
(写真下段)良く切れる刃で軸のバリを削っておくと(※)、隙間ができずきれいに組み上がります。
※DMユニットVer.2では、やらなくても大丈夫。

手順6 DMユニット合わせ目アップ(※)
(写真上段)一旦組んでみて「絶対ムリ、きつすぎ」だった場合は受け側の軸穴を2mmのドリルで拡げ、盛り上がり部分などを平らに均せばすんなりピッタリ組めます。
(写真下段)突き出た軸も、やすりやナイフで削るときれいに組み上がります。
※右は追加した写真です。DMユニットの合わせ目も削るときれいです。

■ドリルで穴あけ
手順7
手首・足首は2mm、他は3mmのドリルでボディパーツにDMユニットを挿すための穴をあけます。
(写真上段)それぞれの穴の深さは説明書を確認。深くなりすぎないようドリル刃にテープを巻き、ブレて穴の径が大きくならないようにパーツとドリルをしっかりまっすぐ持ってあけていきます。(関節が緩いというのはブレて径が大きくなっているのが原因です。)DMユニットを挿し込んでみて奥まではまらなかったら、もう少し穴を深くしてきっちりはまるようにします。
(写真下段)小さいパーツは穴が貫通してしてしまわないよう慎重に。穴あけが全部終わったら、一度パーツを洗浄。中性洗剤または中性洗剤+クレンザーなどで。

■組み立て
手順8
(写真上段)どの部分のDMユニットなのか分からなくなったら説明書のイラストで形などを確認。
(写真下段)首にはDMユニット19番のパーツも忘れずに。フェイスと髪型を組んで頭を挿し込めばできあがり。


◆関節補強
うまく自立できなかったり、穴が大きくてDMユニットが抜けやすい場合は関節補強するとかなり良いです。
手順9
(写真上段)手首・足首は3.5mm、他は4.5mmのドリルで穴をあけます。気持ち深めに。関節補強にはパイプ状のパーツ(18番、20番、21番)を使います。手首・足首は21番、他は18番。20番はどこだろう。肩の腕側かな。
(写真下段)DMユニットに補強パーツを挿し、組み付け。穴の径が正しくあいていれば、DMユニットを抜くと補強パーツは中に残ります。DMユニットに付いてきてしまう場合は補強パーツの外側にほんの少し瞬間接着剤を付けて固定。

◆二重関節
通常の組立てでは使わないパーツがもう一つ。
二重関節 肘二重関節
11番、12番、14番、16番を使って二重関節。11・12番の小さい方に4番、大きい方に14番、16番には15番を組み合わせました。良く曲がるけどかわいくないような。
<二重関節の追記>
肘の関節もDMユニット11・12番かな。16番は手首かな。
は、11・12番の大きい方に14番、小さい方に4番。
は、11・12番の大きい方に13番、小さい方に3番が良いのかな。

ライバルBセット素組み
と言うことで完成。

以下、服を着せていないままの写真。
ライバルBセット素組みポーズ1 ライバルBセット素組みポーズ2
かわいいっす。


[ボークス カスタマイズフィギュア] [かすたま] [VOLKS Customize Figure] [CF] web拍手

| かすたま-組み立て&パーツ | コメント× | トラックバック× | TOP↑



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。