うつる図工室

カスタマイズフィギュア、1/6ドール等のカスタムと周辺小物がメイン。※カスタム中は頭部のみ等の画像があります。ドールアイが苦手な方もご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

| スポンサー広告 | コメント× | トラックバック× | TOP↑

かすたま ウィッグ用カスタム:ボアウィッグ <カスタマイズフィギュア>

カスタマイズフィギュアボアウィッグを型紙含め作りました。
かすたまドールヘアー化 第2弾です。ドールヘアーというか、ボアだけど。
(第1弾はドルプラ用ウィッグ→コチラ、ウィッグ用ヘッドパーツ作りは→コチラ

ボアは指で簡単にくせ付けできるので、マンガやゲームキャラの髪型を再現するのに良さそげです。
かわいめボアウィッグズ ワイルドボアウィッグズ ボアウィッグ後ろ
<赤バック:かわいめ>
(左) フェイス: MO-03(にひるくん)
    アイ: アニメちっくアイ かすたまBセット (ブルー) 8mm
    ボディ: カスタマイズフィギュア男の子
(右) フェイス: MC-01(あまえんぼくん) 眠り目カスタム
    ボディ: カスタマイズフィギュア男の子 ちみっこカスタム
<紺バック:ワイルド>
(左) フェイス: MC-03(彼氏Aセット、ライバルBセット、ねっけつくん) メロカスタム ワイルドメロ!
    アイ: アニメちっくアイ かすたまAセット (ブルー) 8mm
    ボディ: カスタマイズフィギュア長身男の子
(右) フェイス: MC-05(きままくん) 開眼カスタム
    アイ: ドルフィープラス専用ドールアイ LD-14 (ダークブルー) 8mm
    ボディ: カスタマイズフィギュア男の子


以下、型紙作り&ボアウィッグ作り
■ボアウィッグ型紙作り
ボアウィッグ型紙作り1
(写真上段)型紙作りの材料は、ラップマスキングテープ(透明なテープでも何でも可)と厚紙。あと細い油性ペン。フェイスパーツにウィッグ用ヘッドパーツ(後頭部)を付け、6~7cm四方にカットしたラップで後頭部を覆い、ズレないようにテープで留めて余分な部分をカット。
(写真下段)ラップの上からウィッグのライン(※)とセンターにテープを貼り、ラップを固定。後頭部全体にテープを貼っていきます(二重くらい)。
※ちゃんとしたウィッグのラインは後で決めるので少し大きめに貼っています。

ボアウィッグ型紙作り2
(写真上段)テープの上から油性ペンでウィッグのラインを書きます。ひたいはフェイスと後頭部パーツの境目が見えないようにフェイスの内側、耳や襟足はボアの毛足の長さなどを考慮して後頭部の内側へ。ウィッグのラインが決まったら、なるべく平らになるように切り開くための分割ライン(※)を書きます。前後左右や毛の方向も書き込み、切り開いても分かるようにしておきます。
(写真下段)型紙部分をヘッドから外し、書き込んだライン通りにカット。切り開いて平らにならない部分は、どういう形になっていれば元の立体になるかを考えて形を厚紙に写します。わりとてきとーです。左右も裏返せば良いので片方しか作りません。
※分割の仕方や毛の方向を変えて、いろいろ試したりなんだり。

■ボアウィッグ作り
ボアウィッグ作り
(写真上段)左はボア生地(灰)、右は5cm巾のファーテープ(茶)。かすたま用なので5cm×10cmくらいで1個できます。糸は伸縮性のあるニット用を使用しました。型紙の毛の向きを合わせて生地に写したら、毛を切らないよう注意しながら裁断(※)。縫いしろをとっていないので気持ち外側で。あとは順番に縫い合わせます。4の部分を縫う前に、ヘッドに合わせてみて大きさのチェックをすると良いかもです。
(写真下段)手縫いなので、生地同士はまつり縫いで縫い合わせ、端はかがり縫いで処理。表に返してできあがり。
※生地に印がつけにくければ、型紙をあてたまま裁断したり切りじつけをしたりします。

ボアウィッグ カット&セット
(写真上段)ウィッグの固定には両面テープ+マジックテープ(フック側)を使用しました。マジックテープはドール服用の薄手タイプ。ヘッドパーツに小さくカットした両面テープを数ヶ所貼り、マジックテープをその上に貼ります。毛が付かないようにウィッグを裏返して、ひたいのセンターと頭頂部を合わせてかぶせます。メタルな人か、なまはげか。
(写真下段)毛足の短い生地を選んでも1/6ドールには長めになってしまうので、カットして毛量や長さを調節。霧吹きなどで少し濡らしながらやると仕上がりの感じをつかみやすいかもです。カットした毛はブラッシングなどでよく落とします。水で少し薄めたヘアワックス(人間用)で髪型を整え、後ろは長いままにしたので束ねました。これで整っているのかどうかは疑問(笑)。

以前にも書きましたが(→コチラ、マジックテープ類で固定すると取り外す時にウィッグを少し傷めてしまうので、それが嫌な場合は固定しないで被せるだけでも良いかもです。カットする時などは動いてやりづらそうですが。
ウィッグの取り外しはせずに、ウィッグ付き後頭部パーツとしてかすたま専用にするのもおすすめです。自分で作ったウィッグ用ヘッドパーツなら複製していくつか用意しておくと便利。


[ボークス カスタマイズフィギュア] [かすたま] [VOLKS Customize Figure] [CF] web拍手

| 手作り | コメント× | トラックバック× | TOP↑



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。