うつる図工室

カスタマイズフィギュア、1/6ドール等のカスタムと周辺小物がメイン。※カスタム中は頭部のみ等の画像があります。ドールアイが苦手な方もご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

| スポンサー広告 | コメント× | トラックバック× | TOP↑

かすたま 肌色サーフェイサーの話

カスタマイズフィギュアやSD等の、レジンキャスト(ウレタン樹脂)製ドールのカスタムをした時に便利な「造形村GKサーフェイサー はだ色Ver.(以降、肌色サフ)
以前、かすたまの肌色に近い色のものが出たと教えていただいてたので使ってみました。
(ありがとうございます。従来のものは黄色くて使えないとぼやきながらも使い続け(笑)、やっと使い終わりそうになったので購入しました。)

使ってみた感想は、かすたまの色に近い!です。
缶のデザインも変わって、かすたま女の子のイラストと“カスタマにオススメ!!”のキャッチ入り。
新旧肌色サフ比較1 新旧肌色サフ比較2
(株)ボークス 造形村GKサーフェイサー はだ色Ver.

頬の一部をマスキングして下地の色を出しています。(左列が旧、右列が新)
写真だと非常に分かりづらいですが、首との色差で見ていただければと。肉眼だとしっかり差が分かります。
 かすたま←肌色サフ: 新の方はあまり違和感なし。厚吹きしなければ透明感は多少残る感じ。
 かすたま←白サフ←肌色サフ: 色的にはあまり違和感なし。マット感はありあり。
 かすたま←グレーサフ←肌色サフ: 少し顔色悪い感じ。マット感ありあり。
 かすたま←パテやサフでまだら←肌色サフ: 隠ぺい力はあまり強くないので下地がまだらだと透ける。

かすたま男の子とEB-mini F-タイプ・美白色旧は、かすたまよりかなり黄色。ボークスEB美白色の腕等とほぼ同じ色(右写真→かすたまとEB-mini)
新は、かすたまよりは黄色いけど旧より赤味が増して大分近い色になった感じです。
メイクすることを考えると、このくらいの色でちょうど良いのかも。

サーフェイサーは塗料ではなく、
「修復やパテ盛りでムラのある下地の色の統一」
「表面の細かいキズ埋め」
「塗料の乗り(食いつき)を良くする」 等の目的で使うものなので、
肌色サフを肌色の塗料として使うのはおかしいけれど、せっかくかすたまの色に近くなっているので、
肌色サフをベースにして細かい色の調整はパステルで仕上げるという方法も楽で良いかなと思います。
肌色を自分で調色する必要も、エアブラシを使う必要もなく手軽に使えるし。



全然関係ないけど、今日はこどもの日。
去年も書いたけどヒカルの碁佐為を思い出します。どんより。
心霊写真 (アキラ「進藤!後ろ後ろ!」)
↑碁の食玩フィギュア。
つーか、肌サフ写真の色差があまりに見えなさすぎてどんより。


[ボークス カスタマイズフィギュア] [かすたま] [VOLKS Customize Figure] [CF]
web拍手

| かすたま-カスタム | コメント× | トラックバック× | TOP↑



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。